パワハラ問題の解決方法

| 未分類 |

職場において上位にあるものが、抵抗できない下位の者を苛め、そのことで被害者は自殺に追い込まれたり、うつを発症したりして問題が深刻になっています。

 
苛めの型は6つの型に分類されます。

 
1)首にせずの追い込むリストラ型

2)余裕がない職場閉鎖型

3)人間関係型

4)ミスが許されない自己責任型

5)セクハラ型

6)熱血指導の教育指導型です。

 
昔から、上位者が下位の者を苛めるようなことはあったかと思いますが、転職で対

 

応していたのでは想像しますが、特に日本経済が不況で、安定した雇用が出来

 

ず、転職が思うようにいかなくなった近年深刻さと伴に件数も増加しています。

 
この様な場合の解決方法は、中々大変です。

 
加害者と向き合う場合、対決の姿勢を取りがちですか、解決の方法を冷静に対処

 

しなければなりませんが、苛めている上位者は全く下位の者の気持ちが分かって

 

いないから対決姿勢となり難しいです。

 
社内に相談窓口があっても、後々仕返しをされるかも知れませんので、思うように

 

話し合いというわけにはいかないようで、機能はしていないようです。

 
被害者の解決方法はお役所等の外部の相談窓口に頼っているようです。

 
ADRは裁判によらない紛争を解決するものですが、役所や・ADRを頼らず、社内

 

の相談窓口が機能する様になるのが好ましいことなのです。