セクハラ問題の解決方法

| 未分類 |

 

 

セクシャルハラスメントとは、相手の意思に反して、不快や不安な状態に追いこむような性的な言葉や行為のことをいいます。

 
セクシャルハラスメントを受けてしまった場合の解決方法としては、加害者本人と話し合う、(職場でおこなわれたことであれば)職場と交渉する、 役所へ相談する、裁判外紛争解決手続き(ADR)での解決をさぐる、裁判所での解決をはかる等があります。

 
そのどの方法により解決をはかるかは、個別の事案の状況等によって具体的に判断していく必要があります。

 

 

加害者本人や職場との話し合いが不調に終わった場合の解決方については、その加害行為が労働法規上違反にあたる場合には、労働基準監督署に相談し、処分をもとめることができます。

 

 

また、人権侵害にあたる場合には、法務局や地方自治体の人権問題担当部署等に相談することができます。

 
電話やメールで相談ができる役所もありますので、そのような窓口を利用するのも一つの手です。

 

 

裁判外紛争解決手続(ADR)は、民事訴訟と違い、費用も時間もそれほどかからず、非公開のためプライバシーが漏れる心配が少なく、手続きも簡便であるという利点があります。

 
しかし、裁判のように強制力はなく、必ずしも紛争解決に至るとは限らないというデメリットもあります。