日常的に上司が後輩や部下等を肉体的、精神的に苦しめる職場では、労働者が仕事に対する意欲を失い、労働生産性の低下を招く危険性があります。

 

また、上司や先輩の行動を見た若手社員がその風習を受け継ぎ、企業内のモラル低下を招く危険性もあります。

 
このような職場では、多くの優秀な人材が意欲を失い、退職する可能性が高いです。

 

そして、肉体的、精神的な苦しみが職場内で発生する事を防ぐため、多様な意見やアイデアが出ず、特定の人間の意見やアイデア等が尊重されます。

 

結果、その職場から主体的に物事を考える事ができる人間がいなくなったり、労働生産性の低下といったデメリットが生じます。

 
このような職場になってしまうと、日常業務を滞りなく行う事や顧客のために仕事に従事するという事よりも苦しめる行為をする人間の顔色を窺う事に力点が置かれてしまい、企業や部署の成長を阻害する危険性があります。

 

また、このような職場では、職場の人間関係により多くの時間を取られてしまうため、職場に利益をもたらしてくれる人間との出会いを失う可能性もあります。

 
このような職場では、仕事に集中できないだけではなく、人材が定着しないため、顧客に対して安定してサービスを提供できない可能性があります。