最近はどこの企業でも労働

 

環境の向上の為にコンプライ

 

アンスを設けて、職場内でコンプライアンスの理解を深め合う傾向が有ります。

 

しかしまだコンプライアンスの理解の欠如から、多くの問題が起きているのも事実です。

 

パワハラや性的圧力等の問題も多く、使用者の管理責任も問われています。

 

例えば男性社員が女性社員の体に触れたり、言葉上女性社員に苦痛を与えた場合は、上司は速やかに使用者責任と取り加害者に対して適正な処置を取らなくてはいけません。

 

それを怠ると労働契約上の債務不履行責任により加害者は勿論の事、場合によっては上司も懲罰を受ける事も有ります。

 

労働契約上の債務不履行責任については、入社時の誓約書や派遣社員であれば派遣時の派遣契約書にも厳守する様記入されています。

 

更に契約中の間もコンプライアンスの統括の為に、職場内で労務規定や職場環境の有り方について一定期間に1度は理解を深める為にミーティング等を行わなくてはなりません。

 

例え社員であれど、問題を起こした場合は速やかに人事異動や場合によっては解雇等の人事処置を上司は行う義務が有ります。

 

これは加害者のみの問題だけでなく、職場環境を監督する上司の責任も問われる問題です。